健全に発展

hepは健全な成長を成し遂げてきました。単なる証券引受業者としての創業以来、常に非の打ちどころのない信用格付けを受けてきた企業です。

 

2008

スタート

クリスティアン・ハマンとトーステン・アイトレがシュプレムベルクにある旧ドイツ軍敷地をドイツでのプロジェクト第一号として獲得。

 

2009

創業

hepの公式創業。hepが手がけるドイツ国内ソーラーパーク第一号の建設が9月に開始、年内に竣工。

 

2010

英国へようこそ!

ソーラーパーク Nordendorf がファンドとして商品化され、上場。hepは英国のこの市場に参入した初めての外国投資企業です。

 

2011

コーンウォールに初登場

英国初のソーラーパークの1つであり、hepの英国初プロジェクト、南コーンウォールソーラーパークの建築および竣工。

 

2012

アメリカ合衆国へ進出

hepはその事業を拡大し、アメリカでのプロジェクト開発をスタート。

 

2013

日本へようこそ!

福島原子力発電所の事故から2年後、hepを日本を新しい市場とみなし、神戸に現地でのプロジェクト開発チーム設置した支社を設立。

 

2014

建設企業の創設

Hepは日本で初めての太陽光発電プロジェクトを成功裏に終わらせた初めての外国企業です。hep energy GmbHの創設。

 

2015

ハロー、カナダ!ハロー、建設許可!ハロー、金融投資管理会社!

hepはカナダのアルベルタでのプロジェクト第一号を獲得し、hep Canada Ltd.を創設。同年、hepは日本で建設許可を取得、金融投資管理会社として登録。

 

2016

さらなる初プロジェクト

hepは日本における自社プロジェクト第一号を敢行し、建設をスタート。また、hepが新しい法律に基づいて、個人投資家のためのAIF(代替投資ファンド)を初発行。

 

2017

Made in Taiwanとドイツでの移転

hepが台湾に支社を設立。現地でプロジェクト第一号を開始。ドイツでは、ギュクリンゲンにある自家発電ができる新しい建物へ移転。

 

2018

KAGB(ドイツ資本投資法)に従った金融投資管理会社

hepがドイツ資本投資法に従った金融投資管理会社としての許可を取得。HEP Kapitalverwaltung AG創設。